顧客インサイトの可視化はなぜビジネスにおいて重要なのか?

顧客インサイトの可視化はなぜビジネスにおいて重要なのか?

顧客インサイトの可視化はなぜビジネスにおいて重要なのか?

顧客の潜在的ニーズを知ることは、マーケティング施策を検討するにあたり必要不可欠な要素です。しかし、どれだけ顧客の本音が聞けたとしても、単純にデータ化しただけではマーケティングに生かせません。顧客インサイトをまとめる際、データを可視化することの重要性について考えてみましょう。

顧客インサイトとは?

顧客インサイトとは「顧客層に関する新しい情報」を指します。顧客からのフィードバックや市場調査から得られるデータをもとに、顧客層が潜在的に何を求めているのかを分析した情報です。

顧客インサイトをまとめ、マーケティング活動や商品開発に応用できれば、顧客が求めている商品やサービスを効率よく提供できるため、ビジネス成功を期待できます。ただし、アンケートやインタビューから集めたデータを眺めているだけでは意味がありません。データを分析後、可視化を進めることで、次の一手が見えてくるのです。

顧客インサイトとなるデータを得る手段やマーケティングへの活用法について、詳しくはこちら→「ビジネスを成功に導く、顧客インサイトの重要性と活用例」

なぜデータの可視化が必要なのか?

「データの可視化」とは、データビジュアライゼーションのことを指します。関連性や数字のつながりなど、目に見えにくい現象を、表や図を用いて視覚的に理解しやすくすることが目的です。では、なぜ顧客インサイトのデータを可視化するべきなのでしょうか? 以下の3つの例をもとに、データを可視化する重要性について考えてみましょう。

数字に意味や価値が生まれる

顧客インサイトを見出す際、ビッグデータ解析を行う企業が多いかもしれません。しかし、解析後の数字や報告書を読むだけでは具体的な課題がわかりづらく、重要な情報がマーケティング部門に見過ごされてしまう可能性があります。文章や数字だけでなく、グラフやイラストなどを加えた視覚化を進めることで、顧客インサイトにストーリー性が生まれ、読み解きやすい情報に変わります。

他社との差別化がしやすくなる

他社との差別化を考えるとき、自社独自のストーリー性を見出すことが大切です。数字だけでは見えてこない情報も、データを可視化することで明確になることがあるでしょう。例えば、イメージカラーやデザイン性などは視覚化しなければ伝わりません。社内の独自データは、強みや差別化を発見する大切なツールです。他社には語ることのできないストーリーを生み出す際にも、可視化されたデータが役立ちます。

信ぴょう性の高いコンテンツ制作

顧客インサイトを活用する利点のひとつに、ターゲット顧客層が好むコンテンツ制作に応用できるという点があります。アンケート結果やインタビューで得たデータをグラフ化したり、イラスト化したりすることで、顧客目線での可視化を進めることもできるでしょう。結果として、可視化されたデータを含むコンテンツには信ぴょう性が付加されることにもなり、マーケティング成果を高めることが期待できます。

顧客インサイトをビジネスに活用するフレームワークとは?

先述したように、顧客インサイトのデータを可視化できれば、コンテンツとしてマーケティングでの活用が可能です。マーケティング戦略におけるコンテンツフレームワークのなかで、顧客インサイトのデータを組み込めば、ビジネスフローにおいての効率も高まります。

例えば、内外用の年次レポート、パンフレット、ケーススタディなどは、顧客インサイトのデータを取り入れることで、より良いコンテンツになることでしょう。そのほか、サイト内の更新記事やビデオコンテンツ、インフォグラフィックなど、応用できるものは多数あります。会社のコンテンツフレームワークのなかで、どの部分に可視化したデータを入れることができるのかを、考えてみましょう。

顧客インサイトの応用はこれだけではありません。そのほかのマーケティングへの活用について、詳しくはこちらをご覧ください。→ 「「インサイト」とは?マーケティング戦略に役立つ消費者の心理」

データの可視化が他社との差

さまざまな手法を用いて貴重な顧客インサイトのデータを収集したら、そのデータを可視化することを徹底してみましょう。数字では見えてこない情報や伝わりにくいニュアンスも、よりわかりやすく共有できるはずです。顧客インサイトの可視化で、ビジネスの質を高めましょう。

 


参考:

関連記事